IMG20220524204554




あーうん、
6/6
今日はなんの日…

かえるの日。


カエルの鳴き声「ケロ(6)ケロ(6)」の語呂合わせ。

らしいケロ。

----------------------




「ボウヤ、あぁ、ワタクシの可愛いボウヤ。
今日も立派な緑色ね」




目が覚めると大きな目がこっちを向いている。



ボクのママは毎朝、体の色を確認する。

そして、いつも褒めてくれる。


オタマジャクシの頃から、毎日、毎日。


手や足が生えてきた時も。

初めてジャンプをした時も。





朝食には好物のコオロギを丁寧にフライパンで焼いたのを
パンに挟んで食べる。

ママの作った料理が、
すっごく美味しくて、朝から晩まで
食べていられるね、きっと!

いや〜、
たまにはミルワームのパスタも食べたくなる時があるかもね。


食べている最中に、ママは話す。

「ボウヤ、今はどれくらいジャンプができるの?」

「うーん、中くらいの石を3つ分くらいかなぁ」

「へぇ、それくらいになるのかい。ヘビくらいは軽く飛び越えられないと、危険ねぇ、まだ外には行かせられないわァ」


「ヘビの長さって中石が10つ分くらいだから全然まだだね」


「そうね、外に行く時はワタクシの背中に乗って行きましょうね」

「朝ご飯食べたらさ、となり町へ出掛けたい!」

「いいわね、支度しなさい」


ママの背中、温かいやぁ…

ウトウトしてる暇はない。

ヘビが10匹、こちらを睨んでいる。

その
蛇たちが、ボクを…ママを…
食べてやろうか…と

大きな口を開けて、目掛けてきた。

するとママは、
ぴょーーーーーんと巨大な音を鳴らし

10匹のヘビを軽く超えて行った。




やっぱり、ボクのママは凄いや!!



気が付くと

ボクもママを褒めていた。


















↓応援よろしくです♪


絵日記ランキング