IMG_20220608_224622


花瓶を家とし、フカフカの土や、葉っぱを布団にして
暮らしている小人たち。

小人と言えど妖精の様、食事しなくても生きていけます。

そんな妖精たちは、人を見て、人の様な暮らしを見よう見まねしています。

人の形をしているのもその為です。

特に意味はありません。

犬の形、猫の形、鳥の形、はたまた竜のような
恐ろしい、迫力のある姿をしている
妖精もいるかもしれません。

人の形をした妖精たちは

本当の親子じゃないのに、手を繋いでみたり

兄弟の様に仲良く、またはケンカをしてみたり

感情はないはずなのに

とても楽しそう。

いや、本当は感情すらも真似をしているのかも。



ある日のこと、落ちそうになっている小人がいました。

花瓶の底から出ている根っこに捕まっていても
今にも手が離れそう。


「あら、大変…!!」

通りがかった女の子は慌てて言いました。


小人は話せません。


その女の子は両手をくっつけて

皿を作りました。


ふわふわと落ちていき、小人が乗りました。

「飛ばされなくて良かったね」


そっと、花瓶に戻してあげました。

「ありがとう」

そう言っている様に手を振っていました。


















↓応援よろしくです♪


絵日記ランキング